店舗詳細

冨士屋洋品店 ふじやようひんてん

TEL:042-592-6053

婦人服、中学校の標準服へのこだわりは負けません!また、洋品店ながら、土方歳三うどんが売れ筋商品の一つです。
地域に愛され、夫婦で創業39年目を迎える当店。店内には、お客様からプレゼントされた手作りの置き物などが並んでいたり、小さなお子様が退屈しないようにラムネや落書き帳も置いてあります。週に1度仕入れてくる婦人服へのこだわりはピカイチ。また、日野市内に二店舗しかない七生中、平山中、二中、四中の標準服(制服)の販売を行っているお店です。洋品店ながらも、売れ筋の一つは土方歳三うどん!リピーターになって、これを求めに来るお客様もいらっしゃいます。

イチオシの商品・サービス

IMG_0008
なんといっても婦人服へのこだわりはピカイチです!年齢層が高めの当店ですが、今風の、少し若いものを着たい、という対象年齢を考えた流行をしっかりつかんでいます。そのためにも、週に一度都心へ出て、問屋巡りをすることは欠かせません。「今」流行っている問屋を見逃さないためにも、小さいお店をこまめに回り、常にレーダーをはっています。お客様のニーズにあったものを常に提供しています!

お店からのメッセージ

洋品店といいますが、実際には洋品店以上のサービスを行っています!標準服購入時の配達はもちろん無料です。また中学校の標準服を購入してくれた男子学生さん限定で、小学校の卒業式で必要となるレンタルスーツを無料で貸出しています!そのスーツの洗濯・アイロンは全て当店で行います。洋品の他にも、リピーター続出の土方歳三うどんを販売しています。これが中々の売れ筋商品です!!また年1、2回行われる、先生直伝の整膚健康法を紹介。さらには道案内からタクシーを呼ぶことまで…洋品に限らず、何でも屋な当店に、是非お立ち寄り下さい。

新選組ポイント事務局からのメッセージ

南平駅目の前の冨士屋洋品店さん。なんといっても一番印象的だったのは、お店の方の気さくさです!洋品だけに留まらず、様々なサービスを行っている姿を見て、39年地域の方々に愛されてきた理由を垣間見ることができました。その中で一番興味をそそられたのは、土方歳三うどんです!洋品店なのにうどん…?と思う方もいらっしゃると思います。しかし、実はこれも売れ筋の一つなのです!日野市内でも中々取り扱っているお店は少ないということで、リピーターも多く、この商品を求めに来るお客様もいらっしゃるそうです。

基本情報

店名
冨士屋洋品店
所在地
日野市南平7-17-51
アクセス
京王線南平駅目の前
電話番号
042-592-6053
FAX
042-592-6053
ホームページ
-
営業時間
10:00-19:00
定休日
火曜日(7月、12月除く)
決済方法
現金・WAON・クレジットカード
その他
無し